役に立つ就職活動

転職のすすめ(一つの仕事だけでは生き残れない)

投稿日:

あえて転職しましょう。自分を変えていきましょう。そうでなければこの先生き残ることはできません。
30代でも40代でも同じです。

終身雇用制度が崩れて来ているとは言え、まだまだ転職者にとっては厳しい世の中です。
転職するにしても、ほとんどのケースが賃金は同等か、もしくは下がってしまいます。

それはなぜでしょう?

前向きな転職ではなく、本音では後ろ向きな転職が多いからです。

多くの場合、やむを得ず転職をするケース。自分の居場所がなくなったために転職しなければならない。
前向きで実力がある転職者であれば、賃金はむしろ上がるはずです。

そう言うと希望も何も持てませんが、でもあえて転職をすすめます。

今の会社で定年を迎えられそうならそれでも良いかもしれません。あえてリスクをおかす必要もない。
社内で異動の機会があるのならそこで挑戦するのも良いでしょう。そういう機会があることは恵まれています。

ですが、そうでなければ転職した方がよい。

守るべき家族がいれば転職なんて考えられないかもしれない。私にもその気持ちはわかります。
ですが10年後、20年後、今の会社がどうなっているのか誰にもわかりません。

 

会社が求めている人材

今多くの企業が求めているのは変化に対応できる人材とグローバル人材です。

・変化に対応できる人材
・グローバル人材

今の時代、1年後にさえ何が流行るかわからない。
その時代に合わせ、変化にすぐ対応・適用できる人材でなければ仕事は務まりません。
いつまでも過去の経験則に頼ってばかりでは流れに乗ることはできないのです。

そういう意味で、今一番のリスクは同じ部署で同じ仕事を長くしていることです。
それは成長できる機会を失っているかもしれないのです。

正社員でなくても、派遣社員やアルバイトでも同じことです。

実際に採用側から見ると、同じ会社で同じ部署で、そして真面目に働いてきた人の採用は難しい。
少し前の時代ならその考えも違っていたのかもしれません。

真面目が取り柄な人、特に指示待ち人間の人は厳しい時代です。

一部例外もあるでしょう。それはその道のプロフェッショナルであること。
ただそう言っても超1流でないと一生食べていくことはできないでしょう。

オックスフォード大学が認定した、あと10年で「消える職業、なくなる仕事」というのを発表しています。
その中で以下のようなものが含まれます。

・レストランの案内人
・電話オペレーター
・給与、福利厚生担当者
・レジ係
・ホテルの受付
・データ入力
・苦情処理・調査担当

上記はその中の一部です。身近な仕事もあるはずです。

今は変化に対応できる力を求められています。同じところで長くいては変化に対応できなくなってしまいます。

点を線に変える

もちろん、何も考えずに転職をしても意味がありません。
今までの経験を活かせる仕事でなければなりません。それに何らかのプラスになる経験を積める環境です。

今まで一般事務職であれば、経理ができる事務職
経理が身についたら、国際会計基準などグローバルな経験ができる仕事

こうやって出来ることを増やしていくことです。

事務職を経験して、接客して、営業してと一見なんの関連性もないかもしれませんが、最後に人材コーディネーターに行き着いた人もいます。でも結局はどれも必要はスキルだったのです。

点と点が繋がっていき、最後にはそれが線になります

仕事を変えることは大変なことだ

私自身も何度か転職を繰り返してきました。人間関係が嫌で退職したこともありました。
その度に苦労し続けてきました。

環境が変われば仕事も新しく覚えなければならないし、人間関係もまた最初からやり直し。
本当にそれは大変なことです。

人一倍覚えが悪く失敗ばかりして気が滅入る日々が続くし、毎日自信を失くしてしまう。
年をとってくれば尚更です。でもそれは乗り越えるしかない。

後から振り返れば「あれは自分を成長させるチャンスだった」と思えます。
環境を変えたことで自分を一から奮い立たせることもできたし、ぬるま湯だった自分を変えることが出来たのです。

そしてこの苦労したことが、次へのチャンスに繋がります。
そういう苦労をしてそれを乗り越えた人材を企業は欲しがっているのです。

転職を繰り返している人

面接をしているとわかるのですが、転職を繰り返している人は後ろ向きな理由が多い。
直接は話してはくれませんが、おおよその想像はつきます。

その多くが人間関係で、自分の居場所を見つけるために転職を繰り返していくのです。

仕事をする上で人間関係が良くないと、心身ともにさまざまな悪影響が出てきます。

「体から疲れが取れない」「眠れない」「毎日緊張が絶えない」「悪い想像ばかりしてしまう」数え上げたらきりがないでしょう。

ですが転職しても人間関係が改善することは少ないです。
同じような人というのはどの会社にもいるもの。自分が変わる以外に改善することはないでしょう。

ですが「このままでは病気になりそう」「精神的におかしくなりそう」「体が限界にきている」そう思ったら一刻も早くその職場を離れるべきです。

もう転職回数なんて気にする必要はありません。自分の身は自分で守るしかない。
身体を壊してまでする仕事は仕事ではないからです。」

そうならないためにも自分の限界を見極める必要があります。

インポスター症候群とは

インポスター症候群という言葉をご存知ですか?

男性は50%の確信があれば、新しい環境にチャレンジしようとします。
女性は100%の確信がなければ、なかなか新しい環境にチャレンジしないと言われています。
このことをインポスター症候群といいます。

なので、男女の性差上、女性の方は異動や転職はとても勇気がいることかもしれません。

最後に

・今までの仕事を継続していく
・異なる仕事を覚えてプラスにしていく
・新しい仕事をゼロから作っていく

いろいろな選択肢があります。

結局のところ、働くこと自体が立派なことなので、そこに良いも悪いもありません。
後は、どれだけ負荷をかけて自分を成長させるかです。

リクルート創業者の江副浩正氏のこういう言葉があります。

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ。」

自分を成長させるには自分自身に負荷をかけることなんです。
世界の動きは目まぐるしく動いています。

自動車業界でも急速に電気自動車へ流れがシフトしています。
今のスマホも5年後にはどういう機能が付き、どういう形になっているのかさえわかりません。

このサイトでは職業訓練のことや職業訓練コースについて紹介しています。
せっかく職業訓練の制度があるのですから利用しないともったいない。

自分自身の出来ることを増やしていって付加価値を付けていってほしいと思います。

 

-役に立つ就職活動

Copyright© 知らないと損をする 職業訓練 のすべて , 2018 All Rights Reserved.