役に立つ就職活動

履歴書作成は手書き、それともパソコン?

投稿日:

履歴書は「手書きの方が良いのか」、それとも「パソコンが良いのか」迷う方もいるかもしれません。
結局どちらの方が良いのでしょうか?

採用担当の立場で話すと、「どちらでも構わない」というのが正直な答えです。

履歴書を書く際は非常に緊張しながら書いていると思います。
1文字でも間違えたら、もう一度最初から書き直しです。

たまに修正液で消したり、二重線を引いたりしている方もいますが、それら履歴書や職務経歴書でやることはNGです。常識がないと3秒で不採用箱に入れられてしまいます。

 

履歴書はパソコンでも大丈夫

今の時代、履歴書をパソコンで作成することが一般的になってきました。
なんといってもパソコンで履歴書を作るのは楽ですし、見た目も綺麗です。

一度作成してしまえば、複製がいくらでもできますし、変更も容易。
字が上手くなくても問題ありません。

楽に作成できるというメリット以外にも良い点があります。
それは、履歴書に書かれている項目をカスタマイズできるという点。

例えば職歴が多い場合、市販の履歴書では書ききれない場合があります。
パソコンで作成する場合、(もちろん限度はありませすが)職歴部分を増やすことができます。

他にもメリットがあります。それはパソコンが使えるというアピールです。
履歴書を作成するには、パソコンが使えなければなりません。
履歴書をパソコンで作っているということは、多少なりともパソコンが使えるという証明にもなります。

もちろん履歴書を手書きで、職務経歴書をパソコンでという組み合わせも問題ありません。
その場合、職務経歴書に合わせるために履歴書はA3かA2枚2枚が良いでしょう。

履歴書については、インターネットを通じて雛形をダウンロードすることができます。
履歴書、ダウンロードなどで検索してみてください。様々な様式をダウンロードすることができます。

履歴書の方が好印象の場合

前述したとおり、手書きで履歴書を作るのは大変です。
ですが、手書きで履歴書を作るメリットもあります。

手書きの方が時間をかけて書いているという良い印象を与えることができるのです。
まだまだ日本には古い体質の会社も多いですし、手間暇をかけていると言うことだけで好印象を与えることができます。
ただし手抜き感があると逆の印象になってしまうので丁寧に書くことが大切です。

字を書くことが得意な方は、手書きをオススメします
パソコン全盛の時代ですが、まだまだ手書きで仕事をする機会も多いでしょう。特に事務職は顕著です。
字が綺麗に書けるということは、非常にアピールポイントにもなります。

採用担当者によっては、あえて手書きで送るように指示する会社もあります。
手書きで書かれている自筆には人柄が現れるとも言います。字をみることである程度の性格や人間性を把握することも可能と思われています。

古い体質の会社(担当者)に多い気がします。

結論

丁寧に書けるのであれば手書きをオススメしますし、パソコンで綺麗に作成できるならパソコンでも構いません。得意な方で進めていきましょう。

履歴書は手書きで、職務経歴書はパソコンで」という形でも良いでしょうし、「名前や住所は手書きで、それ以外はパソコンで作る」というやり方もあります。

履歴書は写真も含め、採用担当者側での第一印象になります。
字が汚くても、丁寧に書くことを大切です。

適当に書かれている履歴書は採用担当者であればすぐにわかります。
そういう履歴書は3秒で不採用箱です。

履歴書はとても大切な書類です。
少しでもよい印象が与えられるように時間をかけて作成していきましょう。

 

-役に立つ就職活動

Copyright© 知らないと損をする 職業訓練 のすべて , 2018 All Rights Reserved.